上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆人気blogランキング☆

昨日ご紹介したワイヒからはゴールドフィールズ鉄道(Goldfields Railway)がでております。
当時はワイヒを中心に鉱山から各都市への輸送のために鉄道が走っておりました。
今現在で残っているのはワイヒ(Waihi)とワイキノ(Waikino)の間の6.5kmのみです。
昨年はワイヒで100周年の記念イベントも催されました。
20070403083120.jpg
ワイヒから30分の鉄道の旅を楽しむ事が出来ます。
ワイカト駅ではかわいらしいカフェもあり15分の休憩の後また30分かけてワイヒへ戻ってゆきます。
一日三便のみですので時間に気をつけてください。

【料金】

大人: $15(往復) $10(片道)

子供5歳~14歳:$8(往復) $6(片道)
※子供5歳未満はフリー



ワイキノ駅からは有名なカランガハケ(Karangahake)のトレッキングコース
へとつながっております。
ただしここからだとちょっと距離があります。





ブログランキング参加中です!
良い記事が書けるよう頑張りますので、応援よろしくお願いします。<(_ _)>
↓ご訪問の際はポチ、ポチッ!と押して頂けると幸いです。
banner_04.gif

にほんブログ村 旅行ブログへ


スポンサーサイト
☆人気blogランキング☆


以前アップしたコロマンデル旅行まだ途中でしたので久しぶりにアップします。


カウリの木と滝の309号線を後にして東海岸へ。
人気リゾート地のフィティアンガ(Whitianga)を抜け向かった先は…
ホット・ウォーター・ビーチ(Hot Water Beach)です!
ここは干潮の前後2時間だけ入ることの出来る海岸温泉なのです。
源泉は満潮の時は海の中にありますが干潮に近づくと現れます。

20070322104249.jpg
干潮の1時間以上前に行ったら、シャベル片手に既に温泉へ向かう大勢の人達がいました。
その人達にくっついて行き10分ほど歩くと目的地に到着しました。





hb1.jpg
目的地に着いたとは言えほとんどは観光客、みんなどこを掘ったらいいのか分からず
あちこち適当に掘り出し始めます。
どうしていいかわからずただ呆然している人達もいました。(^-^;




hb2.jpg
そのうち常連のような人が波打ち際にちいさなプールを掘り、そして壁を作りはじめました。
でも限りなく波打ち際の方にあるため、波がどんどん侵食してしまうのです。




hb3.jpg
そうこうしながらも波も徐々に引いて行き、小さなプールが少しづつ作られてゆきました。
立ってる人達のところは源泉から離れているのでまだ冷たいんだと思います。





hb4.jpg
そのうち小さなプール源泉を中心にどんどんつながってゆき、
最終的には20人以上が入れる大きさになりました。
でも源泉の近くは私は熱すぎて入れませんでしたが、
白人の人達は普通に江戸っ子のように浸かってましたね。




我々が帰る頃に来た人達はほとんど何もしないでもただ温泉に入れてました。
だから干潮ちょうどくらいに行くと楽かもしれませんね。(^ー^* )フフ♪
折角ですから温泉を自分の手で作るところから始める事をおすすめします。




20070322095217.jpg
シャベルは一番奥の駐車場にあるカフェで借りる事も出来ます。
干潮の時間は毎日1時間ぐらいづつ遅れてゆきますので
こちらのページで必ずチェックすることをお勧めします。



ブログランキング参加中です!
良い記事が書けるよう頑張りますので、応援よろしくお願いします。<(_ _)>
↓ご訪問の際はポチ、ポチッ!と押して頂けると幸いです。
banner_04.gif

にほんブログ村 旅行ブログへ


************************************************

久しぶりなので宣伝させてくださ~い!


フィネスではこのほかにも「カセドラルコーブ」「ショートトレッキング」を織り交ぜた
【コロマンデル一日ツアー】をご用意しております。
もちろん素敵なアパートメントやリゾートホテルに泊まるプランもございます。
お気軽にこちらまでお問合せください。


☆人気blogランキング☆

テムズから美しい海岸線が続く国道25線を
1時間ほど北上するとコロマンデルの町に着きます。
人口も1000人強の小さくてかわいらしい町です。


ここでのアクティビティと言えばやはり定番の
ドライビング・クリーク鉄道(Driving Creek Railway)です。
20070220074844.jpg
なんと言ってもここからのパノラマビューは素晴らしいです!




小さな列車に乗って急勾配の山を何度もスイッチバックを繰り返しながら
原生林の森の中を30分程かけて登ってゆきます。
気分はまさに箱根登山鉄道…(^^;)
20070220074853.jpg
オークランドから3時間ほど運転して着きましたが
素晴らしい眺めとマイナスイオンをたっぷり浴びて
運転の疲れも吹っ飛んでしまいました。



【乗車賃】

・大人: $20
・子供: $11 (15歳以下)


************************************************

一日に2回(忙しい時期は4回)しか出ておりませんので、
予約は必ずした方が良いです。
予約はフィネスでも行ってます。お問い合わせはこちらまで…


ブログランキング参加中です!
良い記事が書けるよう頑張りますので、応援よろしくお願いします。<(_ _)>
↓ご訪問の際はポチ、ポチッ!と押して頂けると幸いです。
banner_04.gif

にほんブログ村 旅行ブログへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。