上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆人気blogランキング☆

先週の自分の記事を見ていたらまた海が見たくなってしまいました。
さて今回行ったところはどこでしょう?


ヒント1
このビーチに行くにはこの小川を超えていかないと行けません。(他のルートもあります)
kare2.jpg




ヒント2
ここはれっきとしたトレッキングコースです。
kare3.jpg




ヒント3
入り江を抜けると海に浮かぶ切り立った三角の岩が見えてきます。
kare6.jpg




ヒント4
休日なのでサーファー達がいっぱいいました。
右の岩どこかで見たことが…
見たこと無い人はこちらへ
kare1.jpg




そう、正解はカレカレ(karekare)ビーチです。
前回のピーハビーチのすぐ南にあります。
1993年公開の映画『ピアノ・レッスン』の舞台になったところです。
娘役を演じたアンナ・パキンが11歳の若さでニュージーランド人として初めて
アカデミー助演女優賞を獲得したので有名になりましたね。


正式にはワイ・カレカレ(Wai Karekare)で、
意味は『bay of the boisterous seas 』、荒れ狂う海の入り江と言ったところでしょうか。
天気が良いと言うのにその名の通り荒れ狂っておりました。
まさに冬の日本の海のような印象でした。




ちなみに今回のルートを山の上から見るとこんな感じです。
20070507120111.jpg
駐車場の裏のすぐ近くには滝を見る事が出来るトレッキングコースもあります。


ブログランキング参加中です!
良い記事が書けるよう頑張りますので、応援よろしくお願いします。<(_ _)>
↓ご訪問の際はポチ、ポチッ!と押して頂けると幸いです。
banner_04.gif

にほんブログ村 旅行ブログへ




スポンサーサイト
☆人気blogランキング☆

ずいぶんご無沙汰してしまいました。
久しぶりにビーチを紹介しましょう。

オークランドには数多くのビーチ(Beach)入り江(Bay)があり、どこもそれぞれに特徴があります。
干潮、満潮などの時間帯や天気によっても表情が変わってきます。
オークランドで最も有名なのはミッション・ベイだと思いますが週末になると
この時期でも多くの人たちが遠くの方からも訪れます。
それくらいニュージーランドの人たちはビーチが大好きです。


今日のビーチはそことは全く違った顔を見せてくれるビーチです。
さてタイトルを見ただけでどこのビーチか分かったあなたはもうニュージーランドの達人です。
分からない方の為にそれではヒントを差し上げましょう!


第一ヒントです。
ビーチの砂が黒いのが特徴です。
piha1.jpg
これだけでは難しいかもしれませんね。(^^;




第二ヒントです。
ビーチには形がある動物に似た大きな岩山があるのですが、
後ろから見るとこんな感じでただの岩山です。
p4.jpg
来た事がある方は分かるかもしれませんね。



最終ヒントです。
観光客の方はみなここのルックアウトからこの写真を撮っています。
20070503141434.jpg


はいもう分かりましたね。
ピーハ・ビーチ(Piha Beach)です。(分からなかったかたはごめんなさい)


ピーハ・ビーチは西オークランドのワイタケレ広域公園の中にあるビーチで、
以前紹介したムリワイビーチと並ぶサーフスポットの一つです。
オークランドの中心部から車で40分ほどで着きます。
東海岸に見られる貝殻を敷き詰めたようなビーチとは違い、
ウェストオークランドの砂浜は火山の影響で真っ黒な砂で覆われた砂浜が特徴です。


タスマン海に面したこのビーチはとても荒々しくサーファーにもちろん人気ですが、
日本の海にもとても似ているので日本人にはとても懐かしい感じのするビーチだと思います。
だからでしょうか海を見たくなるとどうしても西海岸の方に足が向いてしまいます。
近くには初心者向けのトレッキングコースで有名なキテキテの滝(Kitekite Falls)などもありますので家族連れでも十分楽しめると思います。



ブログランキング参加中です!
良い記事が書けるよう頑張りますので、応援よろしくお願いします。<(_ _)>
↓ご訪問の際はポチ、ポチッ!と押して頂けると幸いです。
banner_04.gif

にほんブログ村 旅行ブログへ




フヌア方面ネタ続きますが、
オークランドから1時間ほどの南東部には他にも色々なスポットがあります。
クラフトショップのあるクレブドン(Clevedon)やオイスターで有名なカワカワベイ(Kawakawa Bay)
海がとても綺麗なマラエタイ(Maraetai)などがおすすめです。


そのうちの一つマラエタイはNZ人にも人気のスポットです。
いくつかのビーチがここにはありますが、普段はとても静かなところです。
ただこの時期の週末になると、まるで日本の夏の海を思わせるような賑わいです。
といっても車が止められなくなるほど混むわけではありませんが…
wharf.jpg
静かなビーチが好きな人には平日がおすすめです。



家族で釣りも良いものですね。
wharf2.jpg




ビーチを散歩するだけでも気持ちが良いです♪
20070125084119.jpg




引き潮(Low Tide)の時に行くと大勢の人が潮干狩りを楽しんでます!
クックル(Cockle)というアサリとハマグリの中間の貝がザックザック採れます。
siohigari.jpg




でもここは一人50個までですからそれ以上は取らないで下さい。
捕まると100㌦以上の罰金が取られます。
cockle.jpg

NZの自然は厳しい法律によって守られています。



マラエタイの近くには他にデューダー(Duder)オマナ(Omana)などの
リージョナルパーク(広域保護公園)もあります。
また綺麗な海を眺めながらゴルフができるフォルモサというオークランドでも
一二を争うくらいきれいなゴルフコースがあります。


シティからはお隣のパインハーバーまでフェリーで来る事も可能です。
フェリーのタイムテーブルは、こちらから…



ブログランキング参加中!応援ヨロシクです。(^○^)/
banner_04.gif

にほんブログ村 旅行ブログへ



昨日のムリワイ(Muriwai Resgional Park)の続きですが、
タスマン海に面したムリワイビーチは、波が高くサーファーにも
釣り人にも人気のスポットです。


20070117193838.jpg
鳥がいなくても素晴らしい眺めがまってます。




サーファーも天気が良いとまばらです。
干潮の時はビーチでサンドバギーをする事が出来ます。
でもビーチは波で年々えぐられて狭くなってきています。
20070117194917.jpg
海岸線ははるか遠くカイパラ湾まで60kmも続いてます。





天気の良い日は釣り客も多いですがあまり釣れていないようですね。
やはり、荒れた日のほうが良く釣れるみたいです。
たまに波にさらわれる人がいるので、ライフジャケットの着用をおすすめします。
20070117194700.jpg






ムリワイビーチとマオリベイにはさまれたこのエリアは初心者でも大丈夫な
30分から1時間のトレッキングコースがありますので是非トライしてみて下さい。
20070117202115.jpg



こんなところで泳いでみたい!と思った方は是非クリックを!
ブログランキング参加中です!応援お願いします。
banner_04.gif

にほんブログ村 旅行ブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。