上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆人気blogランキング☆

オークランドで一番おすすめの公園と言えばやはりワン・トゥリー・ヒル(One Tree Hill)のある
コーン・ウォール・パーク(Cornwall Park)だと思います。
c1.jpg


シティの中心部からでも十分歩いていく事は可能です。
マウント・イーデンからも程近いところにあります。
マウント・イーデンと違い観光バスが頂上まで行けないので観光ルートにはあまり
入らないのですが、私は個人的にこちらの方が好きです。
なぜならとにかく敷地が広いので行く度に新しい発見があるんです。
c5.jpg
おとなりのマウント・イーデンとスカイタワーが一望できます。



この公園はももとはイギリス人医師のジョン・ローガン・キャンベル卿
(Sir John Logan Campbell)
の広大な邸宅だったのですが、
1901年にニュージーランドに寄贈されたものです。
ワントゥリーヒルも彼によって名づけられました。
彼は1840年にコロマンデルを経由してオークランドに移住してきました。
寄贈した年と同じ1901年に彼はオークランドの市長にもなっております。



この公園はワン・トゥリー・ヒル・ドメインとそれを囲むコーン・ウォール・パークの
二つの公園からなってます。
ワン・トゥリー・ヒルの標高は182mありオークランドにある
48の死火山のうちもっとも古いものだと言われています。



ワン・トゥリー・ヒルの名前の由来は、NZ原産の巨木トタラが
頂上に立っていた事にちなんで名づけられました。
しかし1852年に入植した白人によって切られて薪にされてしまいました。
その後2本のラジアタ松(NZで最もポピュラーな木)が植えられていましたが、
1960年代にそのうちの1本が切られ、残りの1本もマオリの活動家によって
チェンソーで何度か傷つけられ、倒木の恐れがあるため2000年に市によって
取り除かれてしまいました。



今頂上にはジョン・ローガン・キャンベル卿のお墓とオベリスクがあるだけです。
c4.jpg
ジョン・ローガン・キャンベル卿のお墓


c3.jpg
彼の意志によって建てられたマオリの人々との共存と繁栄を願ったオベリスク




初めてここを訪れた時はもちろん松の木はまだありましたが、
次に来た時はもうありませんでした。
でもここに新しい木を植える計画が進行中のですので
何十年後には同じような風景が戻ってくるかもしれませんね。


なんだか文章ばっかりになってしまいました。
という事でその2に続きますね♪



ブログランキング参加中です!
良い記事が書けるよう頑張りますので、応援よろしくお願いします。<(_ _)>
↓ご訪問の際はポチ、ポチッ!と押して頂けると幸いです。
banner_04.gif

にほんブログ村 旅行ブログへ

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hohioinnz.blog89.fc2.com/tb.php/39-7d393523
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。